オルフェウスの窓ゆかりの地・レーゲンスブルグ Regensburg

トップページ > ベルばらオタクのための旅行案内 > 番外編 > オルフェウスの窓ゆかりの地・レーゲンスブルグ Regensburg

regens01.jpg

※下記は私が訪れた際の出来事ですので、内容等変更されている可能性が高いです※


■「オル窓」をたずねて百里弱・・・■
regens05.jpg
レーゲンスブルグ。日本人はほとんど知らない街だと思う。

・・・というわけでも、最近ないみたい。

池田理代子氏の名作「オルフェウスの窓」、通称「オル窓」の舞台・・・ということで、私のようなオタクにとっては、ここレーゲンスブルグはパリ、ヴェルサイユに次ぐ聖地・・・・・は言い過ぎか。
とりあえず、ウイーンからなら日帰り可能ということで足を伸ばしてみた。ウイーン西駅から、特急プリンツ・オイゲン号(トルコ軍からウイーンを守った英雄の名)に乗ること4時間ちょっと。料金は往復プラス学生割引きで1万円弱。安いなあ。

私はたまたまウイーンからだったので(しかも日帰り)片道4時間もかけてしまったけれど、ミュンヘンとかニュルンベルグ、フランクフルトからならもうちょっとマシでしょう。この町は「ドナウ川に架る石橋と聖ペテルスのドーム」をメインとした、ドイツ最古の司教都市です。(絵葉書はほとんどこれと似たり寄ったり。つまらんのう)街の中心は中世の面影を残しており、「オル窓」の時代そのまんまの気分。

これに反して駅前から中心地にかけては、ちょっとしたショッピング街。マックまでありました。(私はここでマックのお兄さんに、日本語で「ありがとう」を何ていうか聞かれた。なんで?)余談ですが、ヨーロッパの多くの(古い)街は教会を中心にできており、あくまで「後から出来た」駅は町外れにあります。駅を中心に街をつくる日本とはまったく違うみたいです。うーん、キリスト教圏。

と、ところで気になったのは、けっこうここには日本人観光客が多かったこと!!しかも女の子2人連れとか・・・「も、もしやあなたは・・・」という言葉が喉まで出かかった。うーん、ひっこみじあんなワ・タ・シ☆)

実は私、「地上の」国境を超えるのが初めてだったんです・・・。日本に居ると特別のことのようだけど、ヨーロッパではそーいう感覚は薄いんじゃないでしょうか。たぶん。

列車がドイツとオーストリアの国境駅に差し掛かると、係員がパスポートチェックをたんたんと(ひょっとしたら切符の検札より簡単に)行っていく。どっからみても東洋系の怪しい小娘(私だ)のパスポートなど、ロクに見てくれなかった。ちょっとだけ悲しい
・・・・・もっと私のパスポートを見てー!!

レーゲンスブルグの(えりりん的)見どころ

<ヴァルハラ>
regens02.jpg

「オルフェウスの窓」では、クラウスがユリウスを連れてレーゲンスブルグ市街からここまで走っていましたが、まず不可能???に等しいと思う。なぜなら、ヴァルハラまではバスで30分弱かかるから。確かに・・・「すまないユリウス」ですまされない距離でしたね。

ドナウ川のほとりに突然そびえる白亜の神殿は、まさに「レーゲンスブルグ版パルテノン神殿」。山の上に建っているので、坂プラス階段をひたすら上ります。高所恐怖症にはちとつらいかも・・・。内部は、ドイツ内外?の偉人の胸像が奉られていました。エカテリーナ2世のものもありました。この人、ロシアの女帝だけど、もとはドイツの人だったよね??

疑問。ここの係員は食事とか、トイレとかに行くのにいちいち下山しているんだろうか??山頂にはトイレとかなかったような気が・・・いやいや、その前に、毎日ここに仕事しに登ってるのかと思うと、すんげえ!!

<ヴァルハラへ>

レーゲンスブルグ駅前のバス停からDONAUSTADT (ドナウシュタット)下車 か、ドナウ川まで行き、そこから「遊覧船」に乗る。ちなみに遊覧船は冬期休業で、私はバスで行きました。もともと本数は多くありません。
日曜に至っては、1時間1本。←日曜に行ってしまったわたし(涙)
店もほっとんど閉まってます。これから行く方、日曜はやめといたほうがいいっす。

ヴァルハラ行きのバスに乗った友人とわたしでしたが、ドイツ語が全く出来ない(威張ってどーする)ので、ヴァルハラで降り過ごすまいと緊張しまくりでした。
そうしたらバスの運転手さんが、「ヴァルハラに近い停留所が来たら教えてあげるよ」 というようなことをおそらく言ってくれて、実際にそうしてくれたのでとても助かりました。
わたしのオタクな旅って、こういう親切な方々に支えられて成り立っているようなものです。まったくもって、ダンケ・シェーンなのでございます。

regens04.jpg

ここをひたすら登るのだ!

内部の様子はこんなんです。何ていうか・・・えらい人(哲学者とか、なぜかエカテリーナ2世までいた。)の胸像がずらーっと並んでいる。悪く言うとホーンテッドマンションの一室に似ている。あの、胸像の目が追っかけてくる部屋。

残念ながら、秘密の部屋はわかりませんでした(笑)

<聖ペテルスのドーム>

鐘は現在、修復中です。直ったら、のせたいなあ。

<トゥルン・ウント・タクシス城>

regens07.jpg
「オルフェウスの窓」のモデルにもなったらしいお城。開館時間に間に合わず見学できなかったので、風景だけ写真に収めてきました。ウワサの「窓」はどれでしょうか?

 


最寄駅■Regensburg
HP■http://www.regensburg.de/

ここに行くツアーはまずない・・・と言いたかったが、過去に某旅行社で企画されたことがあります。
個人で行く場合には、近くの大都市であるミュンヘンとかから行くと近そうです。私は掟破りのウィーンから行きましたが遠かったのであんまりお勧めしません。
(でも、このルートはイザークも通ったにちがいなくってよ!!)


より大きな地図で ベルばらオタクのための旅行案内 を表示

キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード